2017年04月29日

WIN10のファイル暗号化機能の落とし穴

1. 暗号化したための悲劇

 以下の話は、最近、私が身をもって体験し、苦い思いをしたので、懺悔の意味で記録に残しておきますm(__)m

 WIN10では、ファイルの暗号化機能があります。私みたいなミーハーは、つい、使いたくなってしまいます(^_^;)

 そして、ある日突然、WIN10が動かなくなった時、WIN10の持っているシステムイメージのバックアップをしていた場合は、それで元に戻せたら問題ありません。

 しかし、不幸にしてシステムを再インストールせざるを得なくなった時、以前のWIN10で大事に暗号化していたC:ドライブ以外のデータドライブ上のファイルやCDなどのディスクにコピーしていたファイルは、使用できなくなるのです。中身を見ることはもちろん、コピーすることも移動することもできなくなります。ありゃー(^_^;)

 このことを私はまったく知りませんでした(^_^;;)

 暗号化した際は、WIN10の裏でEFSというシステムが動いていて、こいつがユーザーに意識させないように、そのファイルを利用する際には、自動で複合化していろんなアプリで利用できるようにしているようです(^_^;)

 そこで、WIN10を再インストールした場合、暗号化されているファイルを利用するためには、このEFSの持っているEFS証明書というファイルを利用して複合化する訳です。このEFS証明書というものは、以前のWIN10のものでなければなりません。ですので、この証明書を事前にバックアップしていなければ、上記の悲劇が訪れることとなるのです。ファイルは目の前にあるのに、利用ができないというなんとも悔しい、残念な状況ができる訳です。

2. 暗号化するかどうか

 ヘタレな私は、今回の悲劇をもって、ファイルの暗号化を諦めました(^_^;)

 WIN10のアップデートをきちんとし、ウィルス対策ソフトも入れ、クレジットカードなどの個人情報はPCには保存しないなどのことをしていれば、私には大事でも、他人から見ると利用価値のない情報をわざわざ狙う者などいないだろうというのが理由です。

 それよりも、このような私個人には重要な情報は、復元できなかったことの方が怖くなりました。

3. どのファイルが暗号化されているか確認する方法

 しかし、自分が意識しないうちに暗号化されていれば、また同じ悲劇がおきることも考えられます。

 そこで、今の自分のパソコンに暗号化ファイルが存在するか、確認しておく必要があるだろうなと調べてみました。まったく暗号化ファイルが使われていなればこのEFS証明書のバックアップは必要なくなるためです。

 まず、スタートボタンを右クリックして、Windows PowerShell を起動します。管理者でなくても良いです。すると青い背景の画面が開きますので、その画面で、

cipher /u /n

と入力してください。実行時の様子は以下のとおりです。

暗号化ファイルがある場合


 C:\Users\ユーザー名> cipher /u /n

 このシステムの暗号化されたファイル:

 \Users\bogehoge_user\Downloads\hogoehoge.txt


暗号化ファイルがない場合


 C:\Users\ユーザー名> cipher /u /n

 このシステムの暗号化されたファイル:


 参考までにオプションの /u /n の意味を書いておきます。

/uローカル ドライブのすべての暗号化ファイルを参照しようとします。これにより、現在のユーザーのファイル暗号化キー、または回復キーに変更があった場合、これらが更新されます。このオプションは /n 以外の他のオプションでは動作しません。
/n
このオプションは /u を指定した場合にのみ動作します。このオプションにより、キーが更新されなくなります。ローカルドライブ上のすべての暗号化ファイルを探すために使用されます。

posted by 【なかま】 at 17:32 | Comment(0) | Windows10

WIN10でBIOSが表示されなくなった時の対処法

1.悲劇は突然やってくる

 多くのネットで、WIN10になってからBIOSが起動しなくなったという話を見聞きしておりました。

 私のところのWIN10もいつ頃からか、F11キーやDELキーを押してもBIOSが起動しなくなっていました。

 ネットでググってみると

  • WIN10のシャットダウンを完全シャットダウンにしてみる。
  • WIN10のスタートアップを無効化する。

などの情報がありますが、私の場合、その他、いろいろと試してみましたが、ダメでしたorz

 それで、そのまま諦めていました(^_^;)

 しかーし、悲劇は突然やってきました。ある日(つい1週間前ですが)、WIN10が意味不明の16進文字を画面に表示し、キーボードがまったく効かなくなりました(T_T)。こんな時に備えてWIN10のシステム修復ディスクやバックアップ、さらには専用のバックアップソフトで作ったバックアップディスクも作っておりましたが、ディフォルトがSSDから起動するようになっておりましたので、そもそもCD起動ができません。いろいろと試したのですが、結局、CD起動ができなくなるとWIN10がまったく復旧できなくなるんですね(T_T)

2.復旧までのささやかな道のり

 ではと、直接パソコンのケースを開けて、マザーボードを覗いてみました。Z87Pro3となっておりましので、スマホでググるとZ87Proの図解が出てきましたが、どうもレイアウトが違う…うーん…と思ってよくよくマザーボードを見ると、以下の写真の部分が見つかりました(^^)/

CMOS_CLR.png

 マザーボードって、案外その使い方がボードそのものに書かれているんですね(^^)

 BIOSのリセット手順

 この写真と先のググった結果を合わせると、

  1. 本体の電源を切る。
  2. 本体の電源コンセントを外す。
  3. 上記@と➁に刺さっているジャンパースイッチを外す。
  4. そのジャンパースイッチを➁とBに刺す。
  5. 10秒程度放置した後、再び@と➁に刺す。

 その後、恐る恐る電源を入れてみると、やっとBIOSが立ち上がりました!(^^)!

 ただし、この手順は私のマザーボードでうまくいっただけで、試される場合は、あくまでも自己責任でお願いしますm(__)m

 それで、早速起動ドライブをCDに設定して、システム起動ディスク挿入すると、おおっ、修復が始まり、なんとかこのブログが書けるまでには復旧できた次第です。良かった(^^)


posted by 【なかま】 at 09:36 | Comment(0) | Windows10

2017年04月16日

「Androidを支える技術T」を読んで その1

 次の書籍を読みました。Androidを支える技術〈T〉

 一言で言うと、大変感動しました(^^)/

 この書籍は、android のGUIを解説したものです。主に以下の内容となります。
  1. タッチとマルチタッチ
  2. UIスレッドとHandler
  3. Viewのツリーとレイアウト
  4. OpenGL ES を用いたグラフィックシステム
  5. バイトコード実行環境
 ですが、もともと想定されているのが専門的な開発者レベルなので、サンデープログラマでしかない私にとっては理解できないところの方が多かった(^_^;)のですが、それでもandroid開発大好きな私としては、感動しまくりでした(^^)/

 以下、感動したところを中心に…というか、それしかできませんので、書いてみますm(__)m

1.見事なまでにチューニングされたViewレイアウトの構築

 これは、「3.Viewのツリーとレイアウト」の部分です。

 私なんか、Android StudioのGUIツールは使わず、手動でLinearLayoutをばりばりに入れ子にしてxmlを作っていく訳ですが、それでもあんなに素早く画面に表示されるのは凄いなぁと思っておりましたが、これを読むと、以下の部分から納得できます。

 イアウトのリソースから動的に生成と聞くとパフォーマンスが気になるところですが、バイナリ形式のリソースからのViewのツリー生成はカリカリにチューンされていて相当速く動きます。

 作成するViewごとに別々のAttributeSetインスタンスを作らず、各Viewの作成時に共通のインスタンスを使いまわすので、不必要に一時的なメモリを確保しません。そのため、不要なGCも防ぐことができます。

 バイナリ形式自体が最初からこのResXMLParserで必要な機能が高速に実装できるように決まっているため、このパースはプログラムからハードコードでViewツリーを生成するのに近いレベルの効率性を実現できています。

 日々androidを構築されている方々って、実にすばらしい(^^)/

 …その2へ続きます。
posted by 【なかま】 at 23:24 | Comment(0) | android