2017年05月06日

40インチ4KディスプレイでのAndroidStudio

 さて、わたくしこと、この度40インチのディスプレイを購入しました(^^)/すべてはandroid開発のためです。

 プロの方ならばなんていうこともないでしょうが、サンデープログラマの私としては、今まではLG電子の27インチだったものですから、晴れて2画面となりました!(^^)!

 全体像は以下のとおりです。

AllDisp.png

1. 機種名など

・40インチディスプレイ
 I-O DATA モニター ディスプレイ LCD-M4K401XVB 40型 (4K対応/60Hz/リモコン付/5年保証)です。アマゾンで、¥ 62,585 でした。

 使用感

 画面の表示はきれいだと思います。クロムブラウザのスムーススクロールも非常になめらかです。

 気になるのは、起動時には、2つ繋いでいる画面の27インチのデスクトップがまず表示され、続いて40インチのデスクトップが表示されるのですが、約5秒ほど間隔があきます。これは、まあ、ビデオカードのせいかもしれませんが。

 また、このディスプレイは子画面を表示する機能があって、リモコンで操作するのですが、その切替時には、約5秒から7秒程度画面が真っ暗になり、その後表示されます。

 それから、大きさはかなり大きい(幅91センチ×高さ56センチ(台座含む))ので、その重さのため設置には苦労するかなと思いましたが、一人でも大丈夫でした。ただ、一人で、最初台座をディスプレイに固定するには、倒してディスプレイを壊さないかと、ちょっとひやひやしながらの作業でした。

 また、台座のアームの幅が約52センチあります。私は机が狭いので、台座がはみ出してしまい、しかたなく、書籍を敷いて凌いでいます(^_^;)しかし、地震とか考えると、なんらかの対策を考えないといけないと思います。

・ビデオカード
 玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GF-GTX1050-2GB/OC/SF です。アマゾンで、¥ 12,690  でした。この4Kディスプレイには、さすがにマザーボード内蔵のビデオカードでは対応できなかったので。

・トラックボール
 ついでに、部屋と机が狭いので、マウスをやめてトラックボールにしました。LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t です。アマゾンで、¥ 4,463 でした。

 使用感

 アマゾンで一番評判の良いトラックボールということで購入しましたが、なかなか思う位置にカーソルを移動させるのに苦労しています。カーソルの移動速度を最低にして、加速を最高にしてみるとちょっとはかわったようですが、なかなか慣れません。私の作業机の狭さには最適なのでしょうが。

 それから、贅沢な悩みですが、40インチ画面では画面が広すぎて、すぐにマウスカーソルを見失ってしまいます(^_^;)そこで、Windowsを使い始めて、初めてマウスカーソルに軌跡を付けてみました。さらにコントールキーを叩くと、カーソル位置を示す円形の波紋が広がるようにしてみました。これで随分と見失わなくなったようです(^_^;)

 それから、トラックボールを使い始めて、改めてWindowsや各種アプリのショートカットキーでの操作を多用するようになりました。やはり、キーボードからの処理の方が速い部分もありますね。

2. 画面の設定
 解像度は 3840×2160 ですが、これをそのまま表示するとあまりにも文字が小さくなるので、WIN10のカスタムスケーリングを160% にしています。

3. AndroidStudioの状況
 これらの2つのディスプレイに、Android Studioを表示すると壮観ですね。

  右に表示している27インチ画面(1920x1080)
RightWindow.png

 右には、今までの27インチにAndroidStudio本体から分離したAndroid Monitor とエミュレーターを表示。

  左に表示している40インチ画面(3840x2160)
AndroidStudio.png

 左の40インチにAndroid Studioです。画面を3分割して、左から
  • プロジェクト
  • ブックマーク
  • エディタ
  • 検索結果
となっています。

 参考までm(__)m
posted by 【なかま】 at 00:35 | Comment(0) | android