2017年06月06日

Google playの説明欄にリンクを表示する

 先日、従来より公開していたアプリのkeystoreが、Win10のクラッシュとともに使用不能となりました(暗号化していたため、復元不可)ので、改めて別アプリとして公開することとなりました_| ̄|○

 そこで、google play アプリ上で、以前のアプリのページから新アプリのページにリンクを張る方法はないものかとググってみたところ、

<a href="https://play.google.com/store/apps/details?id=masa.develop">新アプリへのリンク</a>


のようにすればOKとのことでしたが、実際は使えませんでした。(ただし、PCからのプラザ、ChromeやEdgeでは使用可能です。)

 以前は使えたのかもしれませんが、2017.6.5現在では使えませんでした。

 しかし、Google謹製のマップアプリの「詳細はこちら」のずーっと後のところ、

map_long2.png

では、上記のように、下線付きのリンクが見えますし、実際にタップすると移動できます。(この例のリンクは、GoogleのURL短縮サービス Google URL Shortener を利用して短縮してあります)

 そこで、ひょっとすると、そのままURLを書けば、google playアプリ上ではリンクにしてくれるのではないかと思ってやってみましたら、ビンゴでした(^^)/

 この google play の「詳細はこちら」の欄は、google play developer consoleで、「ストアでの表示」-「ストアの掲載情報」-「商品の詳細」-「詳しい説明」に記述する内容になります。

 しかし、この「詳しい説明」欄は、アプリのページ上では「詳細はこちら」をタップしてからしか表示されません。これでは、ユーザーはリンクのことを気が付いてくれませんよね(^_^;)

 もっと上に、ユーザーの目に触れるところにリンクを表示することはできないかと考えてみました。つまり、以下の画像の部分です。

map_top_down2.png

 これは、google play developer consoleで言うと、「ストアでの表示」-「ストアの掲載情報」-「商品の詳細」-「簡単な説明」に記述する内容になります。

 この欄は、80文字と制限が厳しいのですがここに、短縮URL、例えば拙作のURL

今後のバージョンアップはこちら https://goo.gl/fWMCCV

などと記述してみました。

 これをgoogl playアプリで見てると、

my_app2.png

となりまして、google playアプリ上では、文字としては表示はされるのですが、下線も付きませんし、当然リンクになっていません。

 だめかと思ったのですが、普通、人はURLが書かれてあれば、タップしますよね。…ということで、ここでこのURLをタップしてみます。すると…

my_app_next2.png

となって、今度はちゃんとリンクが表示されて、タップするとちゃんと移動できます。

 まあ、この「簡単な説明」欄にリンクを表示するなど邪道な話ですが、アプリのページの先頭ページにどうしてもリンクが表示したい場合は、使えるテクニックかもしれませんね。そんなことするのは私ぐらいですが(^_^;)

Google playでアプリ説明欄を修飾する方法

 これはよく知られていることですが、google playでは、htmlのいくつかのタグが利用できます。今回、私が試して利用できたもの(太字・文字の色付け)を記載します。

 <b>ほげほげ<b> <font color=red>ほげぼけ</font>

 文字を太字にしたり、色付けしたりするだけで、味気ない説明欄が格段に見やすくなります!(^^)!

my_app_explain2.png

 ただし、フォントの色付けについては、PC上では、ChromeやEdgeのブラウザでは、機能しませんでした。二つとも機能したのは、google playアプリ上だけです。

 しかし、Googleの公式アプリのgmail、カレンダー、マップではこのような文字を修飾する機能は使われていませんが、この機能は、非推奨ということでしょうか?

 ということで、icon48.pngNeo実用スケジューラもよろしくお願いしますm(__)m

posted by 【なかま】 at 16:03 | Comment(0) | android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: