2017年05月06日

40インチ4KディスプレイでのAndroidStudio

 さて、わたくしこと、この度40インチのディスプレイを購入しました(^^)/すべてはandroid開発のためです。

 プロの方ならばなんていうこともないでしょうが、サンデープログラマの私としては、今まではLG電子の27インチだったものですから、晴れて2画面となりました!(^^)!

 全体像は以下のとおりです。

AllDisp.png

1. 機種名など

・40インチディスプレイ
 I-O DATA モニター ディスプレイ LCD-M4K401XVB 40型 (4K対応/60Hz/リモコン付/5年保証)です。アマゾンで、¥ 62,585 でした。

 使用感

 画面の表示はきれいだと思います。クロムブラウザのスムーススクロールも非常になめらかです。

 気になるのは、起動時には、2つ繋いでいる画面の27インチのデスクトップがまず表示され、続いて40インチのデスクトップが表示されるのですが、約5秒ほど間隔があきます。これは、まあ、ビデオカードのせいかもしれませんが。

 また、このディスプレイは子画面を表示する機能があって、リモコンで操作するのですが、その切替時には、約5秒から7秒程度画面が真っ暗になり、その後表示されます。

 それから、大きさはかなり大きい(幅91センチ×高さ56センチ(台座含む))ので、その重さのため設置には苦労するかなと思いましたが、一人でも大丈夫でした。ただ、一人で、最初台座をディスプレイに固定するには、倒してディスプレイを壊さないかと、ちょっとひやひやしながらの作業でした。

 また、台座のアームの幅が約52センチあります。私は机が狭いので、台座がはみ出してしまい、しかたなく、書籍を敷いて凌いでいます(^_^;)しかし、地震とか考えると、なんらかの対策を考えないといけないと思います。

・ビデオカード
 玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GF-GTX1050-2GB/OC/SF です。アマゾンで、¥ 12,690  でした。この4Kディスプレイには、さすがにマザーボード内蔵のビデオカードでは対応できなかったので。

・トラックボール
 ついでに、部屋と机が狭いので、マウスをやめてトラックボールにしました。LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t です。アマゾンで、¥ 4,463 でした。

 使用感

 アマゾンで一番評判の良いトラックボールということで購入しましたが、なかなか思う位置にカーソルを移動させるのに苦労しています。カーソルの移動速度を最低にして、加速を最高にしてみるとちょっとはかわったようですが、なかなか慣れません。私の作業机の狭さには最適なのでしょうが。

 それから、贅沢な悩みですが、40インチ画面では画面が広すぎて、すぐにマウスカーソルを見失ってしまいます(^_^;)そこで、Windowsを使い始めて、初めてマウスカーソルに軌跡を付けてみました。さらにコントールキーを叩くと、カーソル位置を示す円形の波紋が広がるようにしてみました。これで随分と見失わなくなったようです(^_^;)

 それから、トラックボールを使い始めて、改めてWindowsや各種アプリのショートカットキーでの操作を多用するようになりました。やはり、キーボードからの処理の方が速い部分もありますね。

2. 画面の設定
 解像度は 3840×2160 ですが、これをそのまま表示するとあまりにも文字が小さくなるので、WIN10のカスタムスケーリングを160% にしています。

3. AndroidStudioの状況
 これらの2つのディスプレイに、Android Studioを表示すると壮観ですね。

  右に表示している27インチ画面(1920x1080)
RightWindow.png

 右には、今までの27インチにAndroidStudio本体から分離したAndroid Monitor とエミュレーターを表示。

  左に表示している40インチ画面(3840x2160)
AndroidStudio.png

 左の40インチにAndroid Studioです。画面を3分割して、左から
  • プロジェクト
  • ブックマーク
  • エディタ
  • 検索結果
となっています。

 参考までm(__)m
posted by 【なかま】 at 00:35 | Comment(0) | android

2017年04月29日

WIN10のファイル暗号化機能の落とし穴

1. 暗号化したための悲劇

 以下の話は、最近、私が身をもって体験し、苦い思いをしたので、懺悔の意味で記録に残しておきますm(__)m

 WIN10では、ファイルの暗号化機能があります。私みたいなミーハーは、つい、使いたくなってしまいます(^_^;)

 そして、ある日突然、WIN10が動かなくなった時、WIN10の持っているシステムイメージのバックアップをしていた場合は、それで元に戻せたら問題ありません。

 しかし、不幸にしてシステムを再インストールせざるを得なくなった時、以前のWIN10で大事に暗号化していたC:ドライブ以外のデータドライブ上のファイルやCDなどのディスクにコピーしていたファイルは、使用できなくなるのです。中身を見ることはもちろん、コピーすることも移動することもできなくなります。ありゃー(^_^;)

 このことを私はまったく知りませんでした(^_^;;)

 暗号化した際は、WIN10の裏でEFSというシステムが動いていて、こいつがユーザーに意識させないように、そのファイルを利用する際には、自動で複合化していろんなアプリで利用できるようにしているようです(^_^;)

 そこで、WIN10を再インストールした場合、暗号化されているファイルを利用するためには、このEFSの持っているEFS証明書というファイルを利用して複合化する訳です。このEFS証明書というものは、以前のWIN10のものでなければなりません。ですので、この証明書を事前にバックアップしていなければ、上記の悲劇が訪れることとなるのです。ファイルは目の前にあるのに、利用ができないというなんとも悔しい、残念な状況ができる訳です。

2. 暗号化するかどうか

 ヘタレな私は、今回の悲劇をもって、ファイルの暗号化を諦めました(^_^;)

 WIN10のアップデートをきちんとし、ウィルス対策ソフトも入れ、クレジットカードなどの個人情報はPCには保存しないなどのことをしていれば、私には大事でも、他人から見ると利用価値のない情報をわざわざ狙う者などいないだろうというのが理由です。

 それよりも、このような私個人には重要な情報は、復元できなかったことの方が怖くなりました。

3. どのファイルが暗号化されているか確認する方法

 しかし、自分が意識しないうちに暗号化されていれば、また同じ悲劇がおきることも考えられます。

 そこで、今の自分のパソコンに暗号化ファイルが存在するか、確認しておく必要があるだろうなと調べてみました。まったく暗号化ファイルが使われていなればこのEFS証明書のバックアップは必要なくなるためです。

 まず、スタートボタンを右クリックして、Windows PowerShell を起動します。管理者でなくても良いです。すると青い背景の画面が開きますので、その画面で、

cipher /u /n

と入力してください。実行時の様子は以下のとおりです。

暗号化ファイルがある場合


 C:\Users\ユーザー名> cipher /u /n

 このシステムの暗号化されたファイル:

 \Users\bogehoge_user\Downloads\hogoehoge.txt


暗号化ファイルがない場合


 C:\Users\ユーザー名> cipher /u /n

 このシステムの暗号化されたファイル:


 参考までにオプションの /u /n の意味を書いておきます。

/uローカル ドライブのすべての暗号化ファイルを参照しようとします。これにより、現在のユーザーのファイル暗号化キー、または回復キーに変更があった場合、これらが更新されます。このオプションは /n 以外の他のオプションでは動作しません。
/n
このオプションは /u を指定した場合にのみ動作します。このオプションにより、キーが更新されなくなります。ローカルドライブ上のすべての暗号化ファイルを探すために使用されます。

posted by 【なかま】 at 17:32 | Comment(0) | Windows10

WIN10でBIOSが表示されなくなった時の対処法

1.悲劇は突然やってくる

 多くのネットで、WIN10になってからBIOSが起動しなくなったという話を見聞きしておりました。

 私のところのWIN10もいつ頃からか、F11キーやDELキーを押してもBIOSが起動しなくなっていました。

 ネットでググってみると

  • WIN10のシャットダウンを完全シャットダウンにしてみる。
  • WIN10のスタートアップを無効化する。

などの情報がありますが、私の場合、その他、いろいろと試してみましたが、ダメでしたorz

 それで、そのまま諦めていました(^_^;)

 しかーし、悲劇は突然やってきました。ある日(つい1週間前ですが)、WIN10が意味不明の16進文字を画面に表示し、キーボードがまったく効かなくなりました(T_T)。こんな時に備えてWIN10のシステム修復ディスクやバックアップ、さらには専用のバックアップソフトで作ったバックアップディスクも作っておりましたが、ディフォルトがSSDから起動するようになっておりましたので、そもそもCD起動ができません。いろいろと試したのですが、結局、CD起動ができなくなるとWIN10がまったく復旧できなくなるんですね(T_T)

2.復旧までのささやかな道のり

 ではと、直接パソコンのケースを開けて、マザーボードを覗いてみました。Z87Pro3となっておりましので、スマホでググるとZ87Proの図解が出てきましたが、どうもレイアウトが違う…うーん…と思ってよくよくマザーボードを見ると、以下の写真の部分が見つかりました(^^)/

CMOS_CLR.png

 マザーボードって、案外その使い方がボードそのものに書かれているんですね(^^)

 BIOSのリセット手順

 この写真と先のググった結果を合わせると、

  1. 本体の電源を切る。
  2. 本体の電源コンセントを外す。
  3. 上記@と➁に刺さっているジャンパースイッチを外す。
  4. そのジャンパースイッチを➁とBに刺す。
  5. 10秒程度放置した後、再び@と➁に刺す。

 その後、恐る恐る電源を入れてみると、やっとBIOSが立ち上がりました!(^^)!

 ただし、この手順は私のマザーボードでうまくいっただけで、試される場合は、あくまでも自己責任でお願いしますm(__)m

 それで、早速起動ドライブをCDに設定して、システム起動ディスク挿入すると、おおっ、修復が始まり、なんとかこのブログが書けるまでには復旧できた次第です。良かった(^^)


posted by 【なかま】 at 09:36 | Comment(0) | Windows10